マネーボール

アメリカ大リーグの貧乏球団(オークランド・アスレチックス)を独自の「マネーボール理論」によって、常勝チームにのし上げたゼネラル・マネージャーのお話。
「マネーボール理論」とは、全て数字やデーターに基づきチームを編成するというもので、球団関係者、監督やコーチ、選手からも反感を買うことに。
そんな嫌われ役を演じたのはブラッド・ピット。
この人、「信念を持ち、ただ突っ走る熱い男」をやらせるといいですねぇ(笑)
短気な性格っていうのも意外とハマります(笑)

ざっくりとこんなストーリーですが、私はメジャーリーグをけっこう本気で観てきたので(いつも住んでた土地のチームを応援してただけですが:笑)初めから十分楽しめました。
フリーエージェントで失うことになってた3選手のうちの1人は、我がセントルイス・カージナルスに来たし(笑)
選手のチョイスであれこれやってる姿は、自分がかつてハマっていた「ファンタジーベースボール」を思い出したし(笑)なんだかとっても身近に感じられる映画でした(笑)
でもその逆に、野球そのものや、ああいうチームのシステム的なところに興味のない人は楽しめるのだろうかという疑問も出ましたね。
選手の名前とか全く知らなくても面白いのかなぁ?とか。
派手に感動させるっていうのもないので、やっぱりある程度の知識がないといま一つで終わってしまうような、、、
くすっと笑えるところもあるんですが、その感覚も違うかもしれません。

ブラピの娘役は今は亡き(笑)「ブラザーアンドシスターズ」のペイジでした~
あのドラマ、ずっと観てたのになぁ(残念)



マネーボール [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2012-03-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マネーボール [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック